探偵業は国家が認めた「情報収集ライセンス」

現在の法律では、報道関係者以外が、情報収集の為に尾行、張り込み、聞き込みを行う為には、「探偵業」の届け出が必要です。

 

不法行為を行う「建築家」(建築士)や施工業者と、欠陥住宅の関連を調査する場合は、その者達の日常の業務や素行について、情報収集を行う事が重要です。

 

ただ、単に建物の欠陥を調査報告書にしただけでは、裁判に勝てるほど甘くはないのです。

 

私たちは、「建物調査」(インスペクター)業界において、我が国で最初に探偵業のライセンスを得ました。

 

私たちに似た団体や組織は、多数存在しますが、「探偵業」のライセンスを持つのは、我々の団体だけです。